Saturday , August 24 2019

USB

Recent Posts

Embedded host TestとTEST MODEについて

High-Speed Embedded host機器を開発している会社より時々問い合わせのある、High-Speed Embedded hostにて必要なTEST MODEについてお話します。※Embedded hostとは、限定的な機能を持つホストの事です。 例としては、大きなプリンタなどに搭載していることがあるUSBメモリ専用のUSBホストや、

Read More »

Bluetooth製品の認証手続について

「Bluetooth」と呼ばれる短距離無線接続技術は1998年4月に発表され、翌1999年7月に仕様が一般公開された。その後仕様が更新され、2010年6月にはこれまでのBluetooth(以下、BR/EDR Bluetoothと記す)に加えて、少量のデータ通信用途に向けた低消費電力モード(以下、BLE Bluetoothと記す)が追加された「コア仕

Read More »

ロゴ認証試験 テストエンジニア募集

HDMIやDP、USBなど各認証試験の仕様書のバージョンアップに伴い、評価項目が年々増加しています。 例えばDPでは、HBR3対応の場合はHBR2以下もテストが必要となります。 さらにはUSB Type-CでAlt modeとして実装している場合、USB・PDの評価も必要となりますし、HDR対応の場合は、HDR関連規格の評価も必要となります。このよ

Read More »

USB SuperSpeed Compound Device測定の注意点

USBデバイスの中には、デバイス内部にUSBハブを内蔵したデバイスがあります。このようなデバイスをCompound device(コンパウンドデバイス)と呼びます。 1. USB SuperSpeed Compound Deviceの種類 Compound deviceには2種類あります。 以下の図でUFPはUpstream Facing Port

Read More »

Linux/AndroidベースのUSBホスト機器のテストスペック

2019年4月22日にAndroid Based Targeted Host Compliance Test Specification v1.00という名称の資料がUSB-IFのサイトで公開されました。 これはWindows以外のOSが動作するホスト機器のテストスペックを定義したもので、主なターゲットOSはLinuxとAndroidとなっています

Read More »

テクトロニクス・イノベーション・フォーラム2019(TIF2019)に出展しました

Tektronix Innovation Forum Tokyo 2019

アリオンは、6月18日にベルサール東京日本橋で開催されたテクトロニクスのセミナー/展示会「テクトロニクス・イノベーション・フォーラム2019(TIF2019)」に出展しました。 毎年同様に、数多くのお客様にデモブースにお立ち寄りいただきました。どうもありがとうございました。 アリオンのブースでは、会社説明や、MSO5000シリーズオシロスコープによ

Read More »

USB試験 特殊ケース

USB試験を実施する際は、各試験項目毎にPassかFailを判定し、最終的にはこれらの結果をまとめたレポートを作成、提出します。 然しながら、お客様のDUTの仕様によっては試験とは別に特別な対応が必要になる事があります。当社では今までに様々なタイプのDUTの試験を実施してきましたが、その経験を踏まえて実際に見てきた特殊ケースについてご紹介していきた

Read More »

S-parameterとは何か、セミフレキ同軸ケーブルRG402評価を交えて解説します

S-parameter (以下、Sパラと記す。)を実際に業務で使用している、単語を聞いたことがある、という方も多いと思いますが、今回はこのSパラについて調べてみます。表題のRG402とは、米国軍事仕様MIL規格に準拠した高周波同軸ケーブでRGは、Radio Guideの略です。RGシリーズはインピーダンス、導体寸法により様々な種類があり米国、日本国

Read More »

HDR10+ Mobile Display Device認証試験始動

4K TV/Displayが市場に普及し、家電量販店のTVコーナーでも4K HDRというキーワードが普通に見られるようになりました。最近は、スマホ、タブレット等の携帯端末でストリーミング、保存した動画を鑑賞したりゲームを楽しむ機会も増えてきました。特にスマホは、OLEDを搭載し大画面化、高画質化が進んでいます。そこで今回は、モバイル機器のHDR認証

Read More »

SDメモリーカードについて

SD-card-internal

今日は、皆さんが既に使用されているSDメモリーカードについて、それらの基本的な情報をご案内をしたいと思います。 SDメモリーカード(以下SDカードと記述します)は、NAND型フラッシュメモリを使用して、SD規格に基づいた小型のメモリーカードで、現在では最も広く使用されているメモリーカードです。 SDカードの種類 SDカードは、その形状から、下表のよ

Read More »

デジタルカメラとメモリーカードについて

■はじめに 皆様、デジタルカメラを使っていますか? スマホ搭載のカメラしか使っていないという人が今は多いかもしれませんね。その昔、携帯電話にカメラが付いたときは、解像度が低くてメモ程度にしか使用できない代物でしたが、現在のスマホに搭載されているカメラは、デジタルカメラに匹敵するような高画質機種もあります。そのため、デジタルカメラを使用しなくともスマ

Read More »

USB 3.2 Gen1機器におけるEMI試験のご紹介

USB-Versus-Wireless-Signals-EMI-Test

USB3.2 Gen1の動作時に高周波による2.4GHz帯への干渉(EMI: Electro-Magnetic Interference) があり、周囲のワイヤレスデバイスの動作不良を起こす恐れがあります。そのため、USB認証試験ではEMI試験を行い、USB3.2 Gen1機器のEMI対策を確認します。ただし、現状ではEMI試験の結果はinform

Read More »

Bluetooth機器のPTS(ProfileTuningSuite)Test

Bluetooth PTS Test

Bluetooth Pofileについて Bluetoothは近距離・低電力での通信を目的にした技術であり、ご存知の通り、現在では広く普及しています。多岐に渡る機器に搭載されますが、同じBluetoothではあっても機器の種類によって、対応させるProfileが異なるのです。 例えば、スマホに接続するBluetoothヘッドフォンでは、音楽を聞くだ

Read More »

USB機器におけるリタイマの導入とテストスペック

USBのデータ伝送速度が向上するにつれて、信号の波形品質を確保することが難しくなってきています。 特にUSB機器の内部のUSBコントローラからUSBコネクタまでの距離が長い場合、USBコネクタ端での波形品質が悪くなってしまい正常にUSB通信ができなくなることがあります。 このような場合に波形品質を確保するためにUSBコネクタの近くにリタイマと呼ばれ

Read More »

AJSC-1 SCDC/EDIDコントローラを使ったHDMI Sink機器の測定

1. はじめに SCDC/EDIDコントローラ AJSC-1を使用したHDMI Source機器の測定について以前の記事にてご紹介しました。今回はAJSC-1を使用したHDMI Sink機器の測定例を紹介します。HDMI Sink機器の物理層(PHY)評価では、TMDS信号としてAWG(任意は軽信号発生器)などを用いますが、AWGではDDCや+5V

Read More »