Friday , September 6 2019
Home / HDMI / AJSC-1 DDCモニタ機能の使い方

AJSC-1 DDCモニタ機能の使い方

AJSC-1 SCDC/EDIDコントローラを使用したHDMIコンプライアンステストについて、下記コンテンツでご紹介しました。
Allion AJSC-1 SCDC/EDIDコントローラを使用したHDMIソース機器の測定

AJSC-1にはDDCモニタ機能も搭載しており、ソース・シンク間のHPD・DDCをモニタしロギングすることが可能です。今回はこのDDCモニタ機能の基本的な使い方をご紹介します。例として4K60Hz,、HDCP2.2対応のソース・シンク間のやり取りをロギングしてみます。

DDCモニタ機能の使用例

AJSC-1をPCに接続し、DDCモニタ用のアプリケーションを立ち上げます。

AJSC-1を、DDCラインとHPDラインをプロービングできる治具「AJSC-TPA-RR」に接続します。

ではソース機器とシンク機器をAJSC-TPA-RRを介して接続してみます。

ソース機器はシンク機器のHPDを検出し、EDID・HDCPへのアクセスを開始します。アプリケーション上でその様子が表示されます。EDIDへアクセスがあった場合はその内容もデコードして表示します。

HDCPやSCDCのレジスタ名・ビット名、HDCP2.2のメーセージ名も表示します。

取得したログは同様のフォームでHTMLファイルで保存することができます。生データを保存し後からソフトウェアで閲覧することもできます。

まとめ

以上、AJSC-1 DDCモニタ機能の基本的な使用方法をご紹介しました。HDCP・SCDC・EDIDをデコード表示しHTMLファイルでも出力可能ですので、他のエンジニアや会社間との共有が簡単です。HDMI 2.1で新しく規定されたEDIDやSCDCのビットにも対応しています。

Check Also

Embedded host TestとTEST MODEについて

High-Speed Embe

Leave a Reply