Wednesday , July 1 2020
Home / Tag Archives: USB3.1

Tag Archives: USB3.1

USB3.2 Gen1 CTLEのイコライザー効果をSpice Verilog-aでシミュレーションしてみよう!

さまざまなシリアルインターフェースの伝送速度は、高速化が進み信号を受信する際、イコライザーを使用する機会が多くなっています。イコライザーは、伝送線路の損失*1で減衰した受信信号の高域を強調し受信側で最適な波形を得る技術でUSB、SATA、PCI-Express等でも使用されています。今回は、前回検証したプリエンファシスに続きデモ版のSpice Ve

Read More »

USB認証試験時のオンライン申請

USB認証試験を受ける際、その製品に関する情報をUSB-IFへ申請する必要があります。以前はチェックリストというものを作成していただき、それをUSB-IFへ提出していただきましたが、2018年9月にUSB-IFのサイトがリニューアルされた事に伴い、各ベンダはそのサイトよりオンライン申請する形に変更となりました。 今回はそのオンライン申請についての方

Read More »

USB試験 特殊ケース

USB試験を実施する際は、各試験項目毎にPassかFailを判定し、最終的にはこれらの結果をまとめたレポートを作成、提出します。 然しながら、お客様のDUTの仕様によっては試験とは別に特別な対応が必要になる事があります。当社では今までに様々なタイプのDUTの試験を実施してきましたが、その経験を踏まえて実際に見てきた特殊ケースについてご紹介していきた

Read More »

第112回 USBワークショップのご紹介

2019年2月18日から2月22日にかけて、米国カリフォルニア州バーリンゲイムにあるEmbassy Suites San Francisco Airport Waterfrontで「第112回 USBワークショップ」が開催され、これに参加しました。そのワークショップ最新情報と2月20日に開催されたAnnual Membership Meetingの

Read More »

USB Vendor Info File (VIF)とは

USB認証試験を実施するにあたりあらかじめ試験対象の機器(DUT: Device Under Test)の仕様を伺い、それに従って試験を実施することがあります。レガシーコネクタのDUTの試験においてはDUTの仕様を記載するための特定のフォーマットはありませんでした。一方、USB Type-CやUSB PDのDUTの試験においてはVIF(Vendor

Read More »

パソコンの普及拡大と周辺機器をつなぐUSBインターフェースの相互関係について

USB-peripherals-hubs-pc

弊社ではHDMIやUSBなど様々な認証・試験サービスを行っています。今回はパソコンの発展とUSB認証についてのコラムです。 パソコンの創世 「パソコン」は、「パーソナル・コンピューター」の略称ですが、1970年代に始まった8ビット時代から使用されています。その頃には「マイコン」という略称も使われていて、こちらは「マイコンピュータ」の略とする場合と「

Read More »

第110回 USBワークショップのご紹介

概要 2018年8月13日から8月17日にかけて、米国オレゴン州ポートランドにあるEmbassy Suites Portland Downtownで「第110回 USBワークショップ」が開催されました。今回もアリオンのUSB担当者が参加しましたので、最新のUSB規格の動向についてご紹介します。 USBワークショップとは USB-IFは年に4~5回の

Read More »

第109回 USBワークショップのご紹介

USB Certified Charger 45W Logo

概要 2018年6月18日から6月22日にかけて、米国オレゴン州ポートランドにあるEmbassy Suites Portland Downtownで開催された「第109回 USBワークショップ」でのトピックを中心に、USB規格の動向についてご紹介します。 USBワークショップとは USB-IFは年に4~5回の頻度でワークショップと呼ばれるイベントを

Read More »

第108回 USBワークショップのご紹介

概要 2018年4月9日から4月13日にかけて、米国オレゴン州ポートランドにあるEmbassy Suites Portland Downtownで開催された「第108回 USBワークショップ」でのトピックを中心に、USB規格の動向についてご紹介します。 USBワークショップとは USB-IFは年に4~5回の頻度でワークショップと呼ばれるイベントを開

Read More »