USB Type-C Interoperability Test (2021年2Q 改訂版)

■はじめに

USB試験では通常のInteroperability(以下IOP) Testとは別にType-C 機器に特化したType-C IOP Testがあります。2021年2月25日リリース「Power Sinking Device (PSD) 認証試験のご紹介」でも、このType-C IOP Testについて紹介しておりますが、そこで記載されていない内容(Windows10)や同年4月に新たな改訂(機器の更新、機器の追加等)がありましたので、今回改めてこの改訂版Type-C IOP Testについて紹介致します。

■試験機材

使用する試験機材は以下となります。
・Windows10 — ASMedia/ASM3142
・Macbook Air M1 (2021年4月変更)
・Pixelbook Go
・Pixel4
・Galaxy S21 (2021年4月追加)

■Windows10 — ASMedia/ASM3142

使用する機材はWindows10のTestbed PC (DELL XPS-8700、XPS-8930)であり、そこにASMedia社製Add-In CardのASM3142を搭載します。(以下参照)

上記に掲載した赤枠内のType-C Portにテスト対象機器(以下DUT)を接続し、以下2パターンで試験を実施します。
①DUT to Root Port、②DUT behind Tree
それぞれの接続とテストについては以下の通りです。

①DUT to Root Port
DUTのみをPCのType-C Portに接続して試験を行います。

②DUT behind Tree
DUTと指定された機器が接続されたTreeをHub機能を有した4Kモニタに接続し、そのモニタをPCのType-C Portに接続して試験を行います。

そのTreeの構成は以下となります。

<参照元> https://www.usb.org/sites/default/files/3.1%20Interoperability%20Testing%20ver%200.98%20w%20USB%20Type-C.pdf

このTree接続時に使用する4Kモニタは以下になります。

    

上記①と②の2パターンでの接続後、以下の試験項目を実施します。
-Peripheral Driver Installation
-Enumeration
-Interoperability
-Active Hybrid Sleep/(Remote) Wake
-Active Hibernate/Resume
-Warm Boot
-Hybrid Boot
-Cold Boot
-Inactive Detach/Attach at Host
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB-Type-C) at Host (※)
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB Type-C) at Peripheral DUT
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB-Type-C) at Host (※)
※①のみで実施

またDUTがHost、Embedded Host、Powerbrick、Power Sinking Deviceの場合、このWindows10での試験は対象外となります。

■Macbook Air M1

2021年4月にMacbook Air 2019から機種変更されました。DUTのみを接続後、以下の試験項目を実施します。
-Peripheral Driver Installation
-Enumeration
-Interoperability
-Active Sleep/(Remote) Wake
-Warm Boot
-Shutdown
-Inactive Detach/Attach at Host
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB-Type-C) at Host
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB Type-C) at Peripheral DUT
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB-Type-C) at Host
-Monitor Voltage & Current Measurement during Testing
-DUT Hybrid Sleep / Remote Wake(※)
-DUT Hibernate / Resume(※)
-DUT Warm Boot(※)
-DUT Hybrid Boot(※)
-DUT Cold Boot(※)
※DUTがHost、Embedded Hostで実施

■Pixelbook Go

DUTのみを接続後、以下の試験項目を実施します。
-Peripheral Driver Installation
-Enumeration
-Interoperability
-Active Sleep/(Remote) Wake
-Shutdown
-Inactive Detach/Attach at Host
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB-Type-C) at Host
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB Type-C) at Peripheral DUT
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB-Type-C) at Host
-Monitor Voltage & Current Measurement during Testing
-DUT Hybrid Sleep / Remote Wake(※)
-DUT Hibernate / Resume(※)
-DUT Warm Boot(※)
-DUT Hybrid Boot(※)
-DUT Cold Boot(※)
※DUTがHost、Embedded Hostで実施

■Pixel4

DUTのみを接続後、以下の試験項目を実施します。
-Turn Off Display
-Restart
-Shutdown
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB Type-C) at Peripheral DUT
-Monitor Voltage & Current Measurement during Testing
-DUT Hybrid Sleep / Remote Wake(※)
-DUT Hibernate / Resume(※)
-DUT Warm Boot(※)
-DUT Hybrid Boot(※)
-DUT Cold Boot(※)
※Host、Embedded Hostで実施

■Galaxy S21

2021年4月より新規追加となった機器です。DUTのみを接続後、以下試験項目を実施しますが確認するのは充電動作のみであり、データ通信動作は試験対象外です。
-Turn Off Display
-Restart
-Shutdown
-Inactive Detach/Reverse Attach (USB Type-C) at Peripheral DUT
-Monitor Voltage & Current Measurement during Testing
-DUT Hybrid Sleep / Remote Wake(※)
-DUT Hibernate / Resume(※)
-DUT Warm Boot(※)
-DUT Hybrid Boot(※)
-DUT Cold Boot(※)
※Host、Embedded Hostで実施

■機器の変遷
本試験が始まってから、使用する機器は何度か変更/追記されております。現在使用している機器についてその変遷を以下に掲載します。
・Macbook 2016 → Macbook Air 2019 → Macbook Air M1
・Chromebook Pixel → Pixelbook → Pixelbook Go
・Pixel2 → Pixel4
・Galaxy S21 (2021年2Q 新規追加)
また、現在使用されてないですが過去にはNexus 5x、Microsoft Lumia950等の機器が対象となっておりました。

■終わりに
今回ご紹介した通り、現在はこれら5機種を使って試験を行います。各ベンダにおいてはそれぞれ異なる機材と接続時、各試験項目の全てにおいて正常動作させる必要がありますが、対象機器によってはDUTの仕様上、データ通信については動作対象外とする事は可能です。(例: Pixelbook GoのChrome OS)
その場合は充電動作のみの確認となります(※)。また、冒頭や「機器の変遷」の項でもでも述べた通り、対象機器は定期的に更新されております。よって、今回紹介した機器も今後、追加や変更がある可能性は十分あるので注意が必要です。

※充電動作の確認に関する記載は2021年2月25日掲載、「Power Sinking Device (PSD) 認証試験のご紹介」でも触れておりますので、そちらも参照願います。

Check Also

Power Delivery認証試験の更新情報について

PD3.0製品のテスト仕様は、

Leave a Reply

Subscribe to get MCPC Technical Paper.
Subscribe
close-image
Subscribe to get the UHD Technical Paper.
Subscribe
close-image
Subscribe to get HDMI Technical Paper.
Subscribe
close-image
Subscribe to get Wi-Fi Technical Paper.
Subscribe
close-image
Subscribe to get USB Technical Paper.
Subscribe
close-image