Friday , November 20 2020
AJSC-1 EDID-SCDC Controller

AJSC-1 EDIDエディタについて

はじめに


HDMIのテストツールであるAllion SCDC/EDIDコントローラ AJSC-1にはEDIDエディタ機能がついており、EDIDを作成したり、コンプライアンステストやデバッグ中に迅速にEDIDを編集したり確認することができます。AJSC-1に関する記事として、これまでPHYテストでの使い方や、DDCモニタなどのご紹介をしましたが、今回はこのEDIDエディタ機能についてご紹介します。

EDIDの編集


EDIDエディタはAJSC-1のGUIに統合されていますが、AJSC-1を接続しなくてもGUIから呼び出すことが可能です。AJSC-1が接続されている場合は、AJSC-1がエミュレートもしくはリードしたEDIDデータがツリー構造で表示されます。マウス操作によりデータブロックを追加・削除したり、順番を変えたりすることができます。HDMI ForumやHDR10+関連のデータブロックにも対応しています。
容易に順番を変えたり追加・削除することが可能。HDR10+のブロックにも対応している。

EDIDの適用


EDIDを編集しReturnボタンをクリックすればすぐにAJSC-1のEDIDに適用させることができます。編集したEDIDはxmlファイルやバイナリファイルでエクスポート・インポートすることも可能です。
編集したEDIDがAJSC-1に設定される。EDID Editorボタンをクリックすれば再度EDIDを編集可能。

 

4ブロック EDID


AJSC-1およびEDIDエディタは4ブロック以上のEDIDに対応しています。今後は、8Kテレビやゲーミングモニタにおいて4ブロック以上のEDIDが増えてくることが予想されます。もしもHDMI Source機器を開発中であれば、下のようなEDID構造でも期待通りのビデオ・オーディオをHDMI出力できるか確認してみてください。
4ブロックEDIDの例。Video Data Blockが最後のブロックにある。

おわりに


AJSC-1はアリオン日本ラボのHDMIテストエンジニアが開発しており、特にコンプライアンステストにおいて便利な機能が集約されています。
AJSC-1のご紹介記事として次回以降は、最新機能のご紹介やI2Cのクロックストレッチングなどの話をできればと思います。

Check Also

パソコンで使用されるモニターについて

はじめに パソコンのモニターの

Leave a Reply

Subscribe to get MCPC Technical Paper.
Subscribe
close-image
Subscribe to get the UHD Technical Paper.
Subscribe
close-image
Subscribe to get HDMI Technical Paper.
Subscribe
close-image
Subscribe to get Wi-Fi Technical Paper.
Subscribe
close-image
Subscribe to get USB Technical Paper.
Subscribe
close-image