Thursday , September 5 2019
Home / All

All

All post goes here too.

Bluetooth製品の認証手続について

「Bluetooth」と呼ばれる短距離無線接続技術は1998年4月に発表され、翌1999年7月に仕様が一般公開された。その後仕様が更新され、2010年6月にはこれまでのBluetooth(以下、BR/EDR Bluetoothと記す)に加えて、少量のデータ通信用途に向けた低消費電力モード(以下、BLE Bluetoothと記す)が追加された「コア仕

Read More »

ロゴ認証試験 テストエンジニア募集

HDMIやDP、USBなど各認証試験の仕様書のバージョンアップに伴い、評価項目が年々増加しています。 例えばDPでは、HBR3対応の場合はHBR2以下もテストが必要となります。 さらにはUSB Type-CでAlt modeとして実装している場合、USB・PDの評価も必要となりますし、HDR対応の場合は、HDR関連規格の評価も必要となります。このよ

Read More »

USB SuperSpeed Compound Device測定の注意点

USBデバイスの中には、デバイス内部にUSBハブを内蔵したデバイスがあります。このようなデバイスをCompound device(コンパウンドデバイス)と呼びます。 1. USB SuperSpeed Compound Deviceの種類 Compound deviceには2種類あります。 以下の図でUFPはUpstream Facing Port

Read More »

テクトロニクス・イノベーション・フォーラム2019(TIF2019)に出展しました

Tektronix Innovation Forum Tokyo 2019

アリオンは、6月18日にベルサール東京日本橋で開催されたテクトロニクスのセミナー/展示会「テクトロニクス・イノベーション・フォーラム2019(TIF2019)」に出展しました。 毎年同様に、数多くのお客様にデモブースにお立ち寄りいただきました。どうもありがとうございました。 アリオンのブースでは、会社説明や、MSO5000シリーズオシロスコープによ

Read More »

USB試験 特殊ケース

USB試験を実施する際は、各試験項目毎にPassかFailを判定し、最終的にはこれらの結果をまとめたレポートを作成、提出します。 然しながら、お客様のDUTの仕様によっては試験とは別に特別な対応が必要になる事があります。当社では今までに様々なタイプのDUTの試験を実施してきましたが、その経験を踏まえて実際に見てきた特殊ケースについてご紹介していきた

Read More »

HDR10+ Mobile Display Device認証試験始動

4K TV/Displayが市場に普及し、家電量販店のTVコーナーでも4K HDRというキーワードが普通に見られるようになりました。最近は、スマホ、タブレット等の携帯端末でストリーミング、保存した動画を鑑賞したりゲームを楽しむ機会も増えてきました。特にスマホは、OLEDを搭載し大画面化、高画質化が進んでいます。そこで今回は、モバイル機器のHDR認証

Read More »

SDメモリーカードについて

SD-card-internal

今日は、皆さんが既に使用されているSDメモリーカードについて、それらの基本的な情報をご案内をしたいと思います。 SDメモリーカード(以下SDカードと記述します)は、NAND型フラッシュメモリを使用して、SD規格に基づいた小型のメモリーカードで、現在では最も広く使用されているメモリーカードです。 SDカードの種類 SDカードは、その形状から、下表のよ

Read More »

デジタルカメラとメモリーカードについて

■はじめに 皆様、デジタルカメラを使っていますか? スマホ搭載のカメラしか使っていないという人が今は多いかもしれませんね。その昔、携帯電話にカメラが付いたときは、解像度が低くてメモ程度にしか使用できない代物でしたが、現在のスマホに搭載されているカメラは、デジタルカメラに匹敵するような高画質機種もあります。そのため、デジタルカメラを使用しなくともスマ

Read More »

MCPC安全充電デザインガイドラインとモバイル充電安全認証について

デザインガイドラインと認証の背景 スマートフォンやタブレットPCの普及に伴い、USBインタフェースを利用した充電器、充電ケーブルは、モバイル機器の充電システムとして、非常に普及してきました。USBの規格団体であるUSB-IFは、USB PD(Power Delivery)規格を定め、最新の規格はPD 3.0 Ver.1.2(2018/6発行)となっ

Read More »